なりたい職業になるためには知識も必要ですが、それだけでは就職できないと思います。初めて就職する人はいきなり社会に出るわけですから、社会のルールも知ることが大事です。このサイトでは就職とは何かを問いかけます。

整備士の就職として定番のディーラー勤務とは

専門学校などを卒業した整備士は、その学校と関係が深いディーラーへ就職するのが定番です。
ディーラーにおける整備士は、来店したお客様の車を整備点検するのが主な仕事で、勤務年数が長くなると整備に関する全体管理を任される場合もあります。
原則的に、ディーラーでは新車として販売しているメーカーの車種を取り扱っており、その中で最新技術に触れる機会が多くあるのが魅力的です。
現在どのような車種が人気で、どういった整備点検を行うのがポイントなのかを実地で学べます。
新卒の就職コースとして定番のディーラーですが、親が車の修理工場を経営しているなどの理由で別のところに就職する事例も見られます。
整備士の活躍の場は多く、定番であるディーラーでキャリアを積んだら、自分が希望する会社へ転職する方が少なくありません。
腕が良い整備士となれば、トラックなどの大型車両を多く抱えている運送会社の整備担当や、一般のお客様が集まってくるカーショップ、あるいは、こだわりがある客層を相手にしているプロショップのどこでも引っ張りだこです。
しかし、全てにおいて優秀になることは難しく、自分の専門分野とキャリアパスをよく考えて、それを実現できる職歴にしていくことが重要となります。
まだ社会人経験が浅い新卒のうちは、ブランクを作るよりも定番のディーラーへ就職した方が良いのですが、いつまでディーラーにいるべきなのかは常に考えておく必要があります。
車種と客層が限定されているディーラー勤務では学べない部分もあるので、数年間の実務経験ができたら、まだ若いうちに自分が本当にやりたい仕事ができる職場へ転職することも1つの選択です。
整備士には高い専門技能があるので、自分の店を持って自由に経営してみるといった夢も持てます。